台湾 筆談


會寫漢字的日本人,應該可以寫出正確中文吧!?實際上街驗證

漢字による別言語話者の筆談[編集] 利点[編集] 中華人民共和国(香港・マカオも含む)やシンガポール、中華民国(台湾)では、漢字を理解する者が多いため、日本人が漢字で書いても通じることが多い。

漢字圏だから、筆談がかなり有効ですよ。

台湾の食堂は注文用紙で自分で書くスタイルが多いです。

テーブルに書いてある番号を書いて、 食べたいものの数は正の字で書きますよ。

英語や筆談でコミュニケーションを図りながら現地の文化に直接触れる試みを実施している。

また、同校では生徒だけでの自由行動の日を設け、より深く台湾の文化を探る試みも行っている。

私が初めて台湾を訪れたときは、言葉もなかなか通じなくて。

それでもみんな一生懸命耳を傾けて、筆談しながら応えてくれました。

そうした親切なところは日本人と似ている気がします。

なんといっても大方の台湾人は、こちらの言いたいことを聞いてくれようとする(理解しようとする)ので電子辞書に頼らなくても筆談やかたことの中国語、日本語でなんとかなることが多いのです。

英語と筆談でなんとかコミュニケーションをとっていましたね。

台湾で1本映画を撮りきったことで、将来ここでもっと映像作品を作ってみたいなという気持ちが湧いてきました。

コミュニケーションは、英語が共通言語になるが、筆談(漢字使用)によるコミュニケーションは 比較的容易である。

(日本国内では「台湾」と表記されますが、現地での通常表記では「台灣」ですので 使われている文字は大陸と違って日本でも使われている(あるいは使われていた) 繁体字なんで筆談しましょう。

簡単な英単語と筆談で何とかなるものです!それもまた旅の醍醐味。

観光地化されすぎていないところも魅力の高雄。

台湾のリピーターの方にもおすすめです。

(知足は免除させてもらえた)会場で台湾の女性彫刻家と友達になり、筆談でコミュニケーションする。

台湾の彫刻家・林文海氏がオーガナイザーである。

細部まで心配りが行き届いている。

いつも日本語と中国語の筆談で現地の人々とコミュニケーションを交わし名刺の裏にはさらに「台湾是個好地方!我很喜歓!我愛台湾!台湾加油!」(台湾はいいところで大好きだ。

言葉が通じなくても紙に漢字でメモを書いて筆談すれば、なんとなく通じてしまいます。

2 泊3 日の台湾旅行なら、まず一日は、台北で思いっきり食べましょう。

台北はグルメの街。

視覚障害者の「筆談ホステス」斉藤里恵さんが東京都北区議会選挙でトップ当選を果たし、話題になっています。

そんな斉藤さんの「筆談」に嘘や「やらせ」の疑惑が出ているようです。

それ以外にも漢字という共通点があるので筆談でもなんとかなります。

いざとなったら英語以外に役立つ方法があるので助かります。

筆談が通用するのは中国だけではありません。

同じ漢字圏の台湾や香港でも使えます。

10年以上前、初めて香港旅行に行く友人が言葉の心配をしていました。

台湾旅行が日本人に人気です。

実際、台湾旅行のクオリティが高いのも事実。

台湾旅行の良さも、耳にすることもあるかもしれません。

持って行った筆記用具で筆談。

空心菜はないと断られ、何とか頼んで出てきたのは・・。

青菜?ツル? 青菜にしておこう。

無事に出てきました。

あとはチャーハンとスイカ100%ジュース。

言葉ができない方は筆談になってしまうので、運転中の運転手に話しかけるわけにもいきません。

なので、座席の周囲にいる人となんとかコミュニケーションをとることになります。